■ Read me (About translation)

小倉城について

小倉城略年譜(概要)

年代 西暦 城主名 事項
慶長5年 1600 細川興元おきもと 関ヶ原合戦の功(30万石)により細川忠興中津城に入城。
その弟興元(翌年出奔)に守らせた。
慶長7年 1602 細川忠興ただおき

Hosokawa Tadaoki

大規模な小倉城を築城。居城とする。
1612宮本武蔵、佐々木小次郎 巌流島で決闘。
元和6年 1620 細川忠利ただとし

Hosokawa Tadatoshi cropped

忠興は隠居(中津城へ)
寛永9年 1632 小笠原忠真ただざね 細川忠利肥後国に転封。明石城主小笠原忠真入国(15万)。
1634宮本伊織仕官
寛文5年 1665   中国僧 即非禅師、黄檗宗広寿山福聚寺を創建
寛文7年 1667 小笠原忠雄ただたか  
享保10年 1725 小笠原忠基ただもと  
宝暦2年 1752 小笠原忠総ただふさ  
天明8年 1788   藩校思永館を創設。
寛政3年 1791 小笠原忠苗ただみつ 家老 犬甘知寛いぬかいともひろ・藩政の大改革(1777~1802)
文化元年 1804 小笠原忠固ただかた  
天保8年 1837   城内塩切場より出火、天守閣はじめ本丸焼失。
(天保10年再建、天守は建てず)
天保14年 1843 小笠原忠徴ただあきら  
安政3年 1856 小笠原忠嘉ただひろ  
万延元年 1860 小笠原忠幹ただよし  
元治元年 1864   幕府の長州征伐令(第一次)
慶応元年 1865   幕府の長州征伐令(第二次)藩主死す、喪を秘す。豊千代丸4才
慶応2年 1866   長州藩との戦闘。企救郡境に退く。
慶応3年 1867   長州藩と講和、香春藩。(田川郡香春町)
    小笠原忠忱ただのぶ 豊千代丸(忠忱)家督相続、香春藩主となる。
明治2年 1869   忠忱、版籍奉還。
明治3年 1870   藩庁を豊津に移す(豊津藩)
明治4年 1871   廃藩置県小倉県設置(明治9年福岡県に合併)
明治31年 1898   第12師団司令部設置。
明治32年 1899   森鴎外軍医部長として着任(~35年まで)
昭和8年 1933   陸軍造兵廠小倉工廠開所。
昭和20年 1945   米国駐留軍城内を接収(昭和32年接収解除)
昭和34年 1959   小倉城天守閣再建
平成2年 1990   小倉城全面改装
平成10年 1998   城内に小倉城庭園・松本清張記念館開館
平成14年 2002   築城400年・3階からくりシアターリニューアル
椅子式階段昇降機設置
平成19年 2007   2階「殿のくらし七不思議」リニューアル
小倉城屋根瓦改修(約80,000枚)
平成21年 2009   小倉城天守閣再建50周年記念
小倉城オリジナルマスコットキャラクター「とらっちゃ」誕生
平成25年 2013   2月 北九州市制50周年
平成26年 2014   4月1日 耐震補強工事開始(休館)
12月14日 耐震補強工事終了(再開館)

北九州市 小倉城

慶長7年(1602)細川忠興公が築城した名城、小倉城。当時は「唐造り」とよばれ、全国唯一の珍しいものでした。現在の城は、昭和34年に在りし日の名城を再建したものです。

料金 一般  350円
中学生・高校生 200円
小学生 100円
団体割引(30名以上) 2割引き
療育手帳・身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方
北九州市の方 無料(付添い1名無料)
市外の方 有料
※詳細はご利用案内をご覧ください。
休館日 年中無休
開館時間

4月〜10月 9:00〜18:00
11月〜3月 9:00〜17:00
(入館は30分前まで)

803-0813
福岡県北九州市小倉北区城内2-1

TEL 093-561-1210

小倉城・小倉城庭園・松本清張記念館 3施設共通入場券

小倉城・小倉城庭園・松本清張記念館の3つの施設に入場できる共通券です。

料金 一般  700円
中学生・高校生 400円
小学生 250円
  ※団体割引はありません。